雑貨kUkan

2016.10.2

竹の集成材。TEORI(テオリ) CUBE 置き時計

TEORI(テオリ) CUBE(キューブ)置き時計
ハンバーグ的

竹の集成材を使った時計。集成材の風合いが、どこかハンバーグを連想させるのは、お腹が空いているからでしょうか。

フラットな面ではないからこその味わい。ウッド調のものが溢れるからこそ、あえて集成材に走るのもおもしろいですね。

TEORI(テオリ) CUBE(キューブ)置き時計

さくっと買うにはちょっと躊躇する値段ですが、無印良品の置き時計じゃ物足りなくなってしまった人にお勧めです。

Marukinで発見。5400円也

管理人の独り言
駐車場の確保はいつも難儀ですね。狭苦しい車路はハラハラするだけに、大きめ駐車場の知見が貯まっていきます。

関連する雑貨達

漆の置き時計 dancing on the water
±0プラスマイナスゼロ 2.5R アナログアラームクロック
ブルブル bulbul  ペブル マット ウォッチ Pebble Matt Watch
fumon METAPHYS 風紋 因州和紙掛け時計
ひげ時計。MoMA フライ オン ザ ウォール クロック
魚の時計。vitra Zoo Timers Fernando the Fish
雑貨kUkan(旧: 雑貨空間)は無類の雑貨好きによる極私的雑貨紹介サイトです。毎日「おっ」と思った雑貨をコメント付きで紹介しています。もっと詳しく
最新の独り言
コンビニが歩いて行けるというのは重要な気がします。車で、ってなると、なんだかかなりハードルがあがるんですよね・・・