雑貨kUkanロゴ

2006年度 雑貨空間大賞

この季節がやってきました。

年に一度の、雑貨空間大賞の発表です。

去年も風のように1年が過ぎました。
365個の雑貨との出会いがあったわけですが
いくつかの部門にわけて、独断と偏見による賞を
発表したいと思います。

まずは、

【夢にあふれる賞】

を受賞したのは、、、

水素と太陽電池が動かすおもちゃ H-racer

です。

その未来的なデザインと、未来的な機能に、
子供ではなく、大人心をずきゅんといかれました。

学べるおもちゃ、素敵度MAXですね

続いては、、、

【視点の提案賞】

を受賞したのは、、、

NEKKO

と、

METAPHYS “factory” Rectangle

です。

どちらも偶然にも、植物と関連のある雑貨ですが、

根の見せ方や、かたちとの見せ方で、
どちらも新しい視点、新しいデザインを提示していたように思います。

シンプルさと斬新さの共存が、見事でした。

そして最後に、、、

【2006年度雑貨空間大賞】

は、

OXO(オクソー) / ダイコングレーター

です。

え?!

普通じゃん!

という突込みが360度3次元、さらには4次元から聞こえてきそうですが、

普通だからこそ、そのデザインと機能性がにじみでてきます。

大根の荒削りに命をかけているadatsuのような人にとって
土台がしっかりしていて、思う存分削れるというのは
とってもとっても魅力的です。

さらにそのアイテムにOXOという名前と信頼感がともなって・・・
かもしだされる無限大の魅力、ですね。

実用性のなかに、デザインで切り込む
さらなる実用性。

OXOというブランドの秘める力を存分にかんじることができた1品でした。

そんなこんなで1年間、雑貨空間はまた新しい1年をむかえ
さらにもっともっと「おっ」と思える雑貨を探していきます。

今年もよろしくお願いします!

関連する雑貨達